トルコリラ円資産運用実績 2018年3月第2週

トルコリラ円資産運用実績 2018年3月第2週

 2018年3月第2週のトルコリラ円動向と、累計の運用実績についての報告です。

トルコリラ円、28円まであと一歩

 今週もまた、米トランプ大統領による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限問題に振り回されることになった一週間でした。

 トルコリラ円も27.50円台から28円台の間で推移し、最終的には28円まであとちょっとと、回復基調でクローズとなったことは来週に期待が持てるような気もしないでもないですが、油断は禁物ですね。

 ちなみに今週はトルコ中銀による政策金利据え置きや、ムーディーズ格下げといった出来事もありましたが、大きな影響を受けることは無かったようです。

 また金曜に発表された米雇用統計は、それなりに良い結果であったことや、また米朝関係回復の兆しが見えてきたことなどからリスク選好の円売りにも繋がったようで、トルコリラ円がにとっても追い風になったことは幸いでした。

スワップ履歴

 私が使用させていただいているマネーパートナーズにおける、今週の一万通貨当たりのスワップポイントの推移について。

 3/5(月)86円
 3/6(火)86円
 3/7(水)249円
 3/8(木)86円
 3/9(金)86円
 3/10(土)0円
 3/11(日)0円
 ——————
 合計   593円
 一日平均  84.7円

トルコリラ円2018年3月第2週運用結果

口座状況

2018年3月第2週 トルコリラ円資産運用実績

 通貨ペア:TRY/JPY
 買いポジション:15万通貨
 平均約定価格:28.100円
 評価レート:27.993円
 投資資金(元本):1,000,000円
 スポット評価:▲16,050円
 スワップ評価:16,555円
 有効評価額:1,000,505円
 スワップポイント振替額:0円
 出金額:0円
 実効レバレッジ:4.20
 —————————————-
 確定損益計:50,780円 
 資金回収率:5.08%

 評価レートが回復してくれたことで、先週末よりはマシな状況になっています。
 地道に溜まっているスワップポイントのおかげもあって、このレートでならば辛うじて元本は維持できていますね。

 どうにか28円台を回復できそうなところまできてくれたので、来週はもう一押し頑張ってもらい、28.300円台くらいまで上昇して欲しいところです。

 今のところ、一番高値のポジションが28.290円なので、28.300円あたりまで上昇してくれる場面があれば、このポジションを手放してしまいたいと思っています。

 現在の実効レバレッジは4倍ちょっとと、やや高い状態なので、どうにかなるものならどうにかしたいわけですね。

 うまくそこまで上昇してくれるのか、それともこれ以上は上がってくれないのか。

 もちろん、上がってくれることを期待するのみです。

 ■参考
 トルコリラ円の見通しと資産運用【2018年版】

スポンサードリンク

トルコリラ円資産運用カテゴリの最新記事