トルコリラ円資産運用実績 2018年1月第1週

トルコリラ円資産運用実績 2018年1月第1週

 2018年1月第1週のトルコリラ円動向と、累計の運用実績についての報告です。

トルコリラ円、出だし文句無し!

 2018年のトルコリラ円とのお付き合いが始まったわけですが、とても幸先のいい流れとなっています。

 昨年中に30円台の回復には至らなかったものの、昨年の最初に急落の要因となったトルコ12月消費者物価指数は無難に通過。

 予想よりもやや悪かったとはいえ、インフレ率自体は回復に向かっているようで、市場にはそれなりに好感されたようです。

 また厄介なザラブ問題については、関係者に有罪判決が出たものの、市場の反応は限定的……というか、悪い反応はあまり見かけませんでした。

 これで終わったわけではないので油断は禁物ですが、とりあえずは良かったというべきでしょうね。

 そして先日発表された、月に一度の米雇用統計

 予想の上振れは織り込み済みで~…とかいうアナリストの意見などもあった今回ですが、きっちり予想よりも悪い結果となっていました。

 まあそんなものですね。

 ともあれこの結果により、ドル円はやや下落。
 あまり影響は無かったのは確かです。

 ただドルトルコリラでリラ買いが進んだことにより、多少の円高はものともせず、トルコリラ円は30.20円台をキープ。

 そのままクローズとなりました。

 これでしっかりと30円台に腰をすえ、次は31円台を目指し、そして昨年果たせなかった32円台の完全突破を果たしてもらいたいところですね。

 何にせよ、新年明けて最初の週は、まずまずのスタートとなったようです。

スワップ履歴

 私が使用させていただいているマネーパートナーズにおける、今週の一万通貨当たりのスワップポイントの推移について。

 1/1(月)0円
 1/2(火)0円
 1/3(水)340円
 1/4(木)90円
 1/5(金)0円
 1/6(土)0円
 1/7(日)0円
 ————————-
 合計   430円
 一日平均  86円

 今週は年末年始やらの影響で、週間としてのスワップポイントは少なくなっていますが、その分先週多かった、ということで。

 1日辺りの平均では86円ですが、最終日についたスワップポイントは久しぶりの90円でした。

 トルコリラ円も上昇していますし、金利も上がったので、スワップポイントも回復してきて然り、ですので、この調子で頑張ってもらいたいところです。

トルコリラ円2018年1月第1週運用結果

口座状況

2018年1月第1週 トルコリラ円資産運用実績

 通貨ペア:TRY/JPY
 買いポジション:10万通貨
 平均約定価格:28.200円
 評価レート:30.240円
 投資資金(元本):1,000,000円
 スポット評価:204,200円
 スワップ評価:9,350円
 有効評価額:1,213,550円
 スワップポイント振替額:0円 
 実効レバレッジ:2.49
 —————————————-
 確定損益計:0円 
 資金回収率:0%

30円台へ!

 トルコリラ円のスワップポイントによる資産運用も、2018年に入ったことで仕切り直し、新しく再スタートとなっています。

 もっとも再スタートとはいえ、前年までに得たスワップポイントを前年中に振替し、出金しただけですので、ポジション等は特に変わっておらず、そのままです。

 スワップポイントも徐々に回復してきているので、あとはスワップポイント次第、ということになるでしょうか。

 前年中にマネーパートナーズにトルコリラ円の口座を移したことの効果が今後出れば、何より嬉しいですね。

 ■参考
 トルコリラ円の見通しと資産運用【2018年版】

スポンサードリンク

トルコリラ円資産運用カテゴリの最新記事