アルゼンチンペソ大暴落…政策金利を60%へ【トルコリラ円デイリーレポート2018年8月31日】

アルゼンチンペソ大暴落…政策金利を60%へ【トルコリラ円デイリーレポート2018年8月31日】

2018年8月31日 トルコリラ円チャート

■2018年8月31日のトルコリラ円動向
 30日はトルコリラがまたもや暴落しました。

 今週は下がりっぱなしであり、月曜は急落、火曜も急落、水曜も当然急落、木曜は暴落、といった感じで下げ止まる気配も全く無しな印象です。

 この流れだと金曜は大暴落でしょうか……恐ろしいですね、まったく。

 30日もトルコリラが下落した要因ですが、一つはトルコ中銀副総裁であるキリミジ氏が退任する方向で進んでいることが、明らかになっています。

 一応関係筋は、キリミジ副総裁と中銀指導部との間に、金利などによる不一致は無かった、としていますが、どうなのやら、といった印象ですね。

 ちなみにこのキリミジ氏はトルコ開発銀行の役員になることが決まっているそうです。

 この日は戦勝記念日のため、トルコは祝日。
 そのためトルコ中銀からの声明などはありませんが、このトルコ祝日で市場がお休みにも拘わらず、もしくはそれを狙ってか、トルコリラは暴落しました。

 もちろん、キリミジ副総裁の退任を悪材料として、ということになるのでしょうが……。

 またそれとは別に、中南米では例のアルゼンチンペソが大暴落しており、それに起因している節もありそうです。

スポンサードリンク

アルゼンチンペソ動向

 30日に、アルゼンチン中銀はアルゼンチンペソ下落阻止とインフレ制御のために、政策金利をこれまでの45%から60%に引き上げました。

 凄まじい金利です。
 ちなみにインフレ率は31%を越えています。

 ですが、これを功を奏さず、アルゼンチンペソは大暴落。

 一時20%も下落する場面もあり、1ドル=42ペソまで下落。
 終値でも13%安の39.25ペソと、どうにもならない状況になっています。

 日足でチャートを見てみると、かなりえげつない下落っぷりですね。

 今回のアルゼンチンペソ大暴落ですが、同国のマクリ大統領が前日に、IMF(国際通貨基金)に対して500億ドルのスタンドバイ取り決めに基づく融資の早期実施を合意した、という発言がきっかけであったようです。

 これにより同国市場は動乱。

 さらにマクリ大統領がアルゼンチン政府の来年の債務に対応する能力について、市場からは信頼されていない、ということを認めたことで、アルゼンチン市場は大混乱し、パニック売りにつながってしまったようです。

 今回のアルゼンチンペソ大暴落は、他の新興国通貨にも飛び火し、トルコリラはもちろん、南アフリカランドやメキシコペソなども下落しています。

 メキシコペソなどはまだ底堅く踏ん張ってくれていますが、普段からだだ下がりのトルコリラにこれを支える力はなく、もろくも暴落の憂き目にあってしまったようです。

 今回のアルゼンチンペソの大暴落は、近い将来のトルコリラを見ているようですね……。

 ここまで来ると利上げも意味はなく、トルコリラもすでに遅きに失しているような気もしますが、果たしてまだ間に合うのでしょうか……。

トルコリラ動向

USD/TRY

 30日のドルトルコリラは、一時6.840リラ付近まで上昇しました。

 その後いったん落ち着いたものの、31日早朝の時点で再び急落しており、9時時点で6.77リラ付近までトルコリラは下落しており、完全に史上最高値が視野に入っている状況です。

 このままだと本日中に……再び更新、ということになるかもしれませんね。

TRY/JPY

 30日のトルコリラ円は暴落し、一時は16円割れ寸前まで追い込まれました。

 この局面で1円以上の下落、ということですね。

 NY時間に16.80円台まで戻す場面もあったのですが、アルゼンチンペソの大暴落などに引きずられてか、再び16円前半まで下押しされて、31日に至っています。

 31日も軟調推移が続いており、16円割れは必至な雰囲気になっています。

 本日も先日並みに暴落すれば、対円でも史上最安値更新の可能性は高いわけですが……そうならないことを祈るのみです。
 
 ■参考⇒トルコリラ円の見通しと資産運用【2018年版】

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

トルコリラ円おすすめFX会社

トルコリラ円ならトレイダーズ証券【みんなのFX】

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるトレイダーズ証券
 管理人も使用させていただいているFX会社です。

トレイダーズ証券[みんなのFX]

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

ドルトルコリラならXM

 ドルトルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。
 XMについての詳細はこちらにまとめてあります。
 口座開設方法についてはこちらに詳しいです。


 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

デイリーレポートカテゴリの最新記事