マイナス要因満載のトルコリラ【トルコリラ円デイリーレポート2018年8月29日】

マイナス要因満載のトルコリラ【トルコリラ円デイリーレポート2018年8月29日】

2018年8月29日 トルコリラ円チャート

■2018年8月29日のトルコリラ円動向
 今週のトルコリラは軟調推移が継続しています。

 今日も今日で売られ続け、どうにもならない状況になっていますね。

 本日は二つのトルコの経済指標が発表されていますが……。

 トルコ8月経済信頼感 前回92.2 結果83.9

 トルコ7月貿易収支 前回-55.0 結果-59.8

 まずトルコ経済信頼感指数ですが、前月比で9%低下しており、これは2009年3月以来の低水準となっています。

 ちなみにこの指数の基準は100です。
 これを上回れば楽観的、下回れば悲観的、ということになるわけですが、相当に悲観的になっている、ということですね。

 貿易収支の方も、今一つの結果に終わっているようです……。

スポンサードリンク


 さてこのような中、トルコのアルバイラク財務相が、トルコ経済や金融システムに大きなリスクは無い、と発言したようで、それをこれっぽっちも信じていない市場に嫌気されて、トルコリラ下落の要因になってしまったようです。

 この財務相はあれですね、エルドアン大統領と共にトルコ経済を潰しにかかっているようですが、どうにも期待できない人物であると再認識させられましたね……残念。

 また他にも、ムーディーズが資金調達状況が悪化する恐れありとして、トルコの金融機関20社を格下げするなど、内憂外患と、どうにもならない状況になっています。

 おかげでトルコリラの売りは止まらず、再び16円台に向かいそうな雰囲気ですね。

 やれやれ……。

トルコリラ動向

USD/TRY

 今週に入ってから上げっぱなしのドルトルコリラですが、本日もトルコリラ売りは止まらず、6.48リラ付近まで売り込まれています。

 史上最高値の7.2リラも視野に入ってきてしまっている雰囲気ですね。

 先週はトルコの連休ということで大目に見てくれていたようですが、今週に入ってもトルコ当局がこれといった手を打たないこともあり、再び売りの流れになってしまっているようです。

 とはいえ今のトルコ政府では、何の役にも立ちそうもないですが、そろそろ危機的状況に気づいてもらいたいものです……。

TRY/JPY

 そしてトルコリラ円の方も大きく下落しています。

 ドル円の方がもみ合っているためさほど動意が無い一方で、ドルトルコリラの上昇がそのまま影響してしまっているようで、一時は17円割れ寸前まで下落しています。

 この価格帯になっても50銭とか平気で下落する通貨ですので、やはり危険極まりないですね……。

 しかしこのまま落ち続けていくのか、反発はあるのか……見通しは暗そうです。
 
 ■参考⇒トルコリラ円の見通しと資産運用【2018年版】

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

トルコリラレポートカテゴリの最新記事