トルコリラ円25円台、ドルトルコリラは史上最高値更新【トルコリラ円デイリーレポート2018年5月4日】

トルコリラ円25円台、ドルトルコリラは史上最高値更新【トルコリラ円デイリーレポート2018年5月4日】

2018年5月4日 トルコリラ円チャート

■2018年5月4日のトルコリラ円動向
 トルコリラ円、どうにもならない状況が続いています。

 先日は注目の経済指標、トルコ消費者物価指数の結果が悪かったことを受けてドルトルコリラが急伸し、トルコリラ円は大きく下落しました。

 4月消費者物価指数前年比
 前回+10.23% 予想+10.45% 結果+10.85%

 4月消費者物価指数(コア)前年比
 前回+11.44% 予想+11.53% 結果+12.24%

 4月生産者物価指数前年比
 前回+14.28% 予想+14.90% 結果+16.37%

 こんな感じで予想よりも悪いものばかりで、インフレがよろしくないことになっているのは間違いなさそうです。

 またトルコ自体がよろしくない中、米中通商協議や予想に届かなかった米4月ISM非製造業指数を嫌気したことにより、ドル円が下落。
 円高が追い撃ちとなって、トルコリラ円は完全に25円台へと下落してしまっています。

 選挙を控えているトルコではこの先まだまだごたごたが続くでしょうし、トルコ中銀は今のところ無力に等しい状態なので、この先悪くなっても良くなることはなさそうです。

 悪い材料というのは出尽くしたようにみえても、後から後から湧いてくるので……これはこの先のトルコリラ円について、ある程度覚悟していく必要もありそうです。

スポンサードリンク

ドル円動向

 先日のNY時間においてのドル円は、米中通商協議への警戒感や、米国のトランプ大統領がイラン核合意からの離脱を示唆ことなどを受けて、リスク回避の円買いとなりました。

 更には米長期金利の低下、NYダウが値下がりしたことなどもあって、ドル円の下落に拍車をかけて、一時108円台まで下落する場面もありました。

 米中通商協議が警戒されている理由ですが、現在ムニューシン米財務長官率いる通商代表団が交渉にあたっているわけですが、もし一定の成果が出なかった場合は対中の貿易赤字解消のためのトランプ大統領が強硬策を取るのではと、その可能性に警戒されているようですね。

 今のところ結果は不透明ですので、良い結果が出ることを祈るしかなさそうです。

トルコリラ動向

USD/TRY

 問題のドルトルコリラですが、先日の欧州時間に発表されたトルコ消費者物価指数の結果を受けて、一時4.2300リラ付近まで急騰。
 ここでまず史上最高値を更新してしまっています。

 その後すぐにリラは買い戻されて、一時的なものかとも思われたのですが、NY時間に入るとさらにリラ売りが加速し、4.2450リラ付近までドルトルコリラは上昇。
 再び史上最高値を更新しました。

 まさに青天井……この調子ですと、まだまだ暴騰しそうですが、トルコに打つ手は無く、トルコリラは売られ続けることになりそうです。

TRY/JPY

 そしてトルコリラ円ですが、こちらも下落が止まらず、指標発表の際の一瞬25円台に入ったものの、すぐに持ち直したのですが、その後ジリ下げが続き、NY時間には25.60円台まで落ち込みました。

 その後やや値を戻して25.80円台で本日は推移していますが、26円台回復の兆しは無さそうなので、更なる下落に警戒した方が良さそうです。

 また米雇用統計もありますので……こちらも注意が必要です。

余談

 トルコリラ円とは関係ありませんが、最近ニュースでアルゼンチンペソの話題を時折耳にします。

 アルゼンチンペソというのはその名の通り、アルゼンチンの通貨単位です。

 この通貨も対ドルではトルコリラ同様、売られっぱなしの通貨なのですが、4月末あたりから連日売り込まれ、ドルアルゼンチンペソは暴騰しています。
 それはもう、トルコリラもびっくりなほどの売られっぷりです。

 ちなみにアルゼンチン中銀はつい最近、政策金利を3%引き上げて、33.25%にしています。

 33.25%というのも凄いですが、しかし利上げ効果は全くなく、その後も売られ続け、中銀は更なる利上げを示唆しているようですが……こうなってはもはや末期ですね。

 アルゼンチンペソ円も、10年くらい前は今のトルコリラ円と同じくらいの水準だったわけですが、何やらトルコリラ円の未来を先取りしているようで、こうなっては欲しくないなあ、しかしあり得るなあと、悪い未来図をつい夢想してしまったので、蛇足ながら書き加えました。

 ■参考⇒トルコリラ円の見通しと資産運用【2018年版】

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

トルコリラ円おすすめFX会社

トルコリラ円ならマネーパートナーズ

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ
 管理人も使用させていただいているFX会社です。

マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

 マネーパートナーズについての詳細はこちら⇒『マネーパートナーズ トルコリラ円おすすめFX会社』

ドルトルコリラならXM

 ドルトルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。
 XMについての詳細はこちらにまとめてあります。
 口座開設方法についてはこちらに詳しいです。


 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

デイリーレポートカテゴリの最新記事