トルコリラ急落! 金利引き下げ報道を受けて【トルコリラ円デイリーレポート2018年4月4日】

トルコリラ急落! 金利引き下げ報道を受けて【トルコリラ円デイリーレポート2018年4月4日】

2018年4月4日 トルコリラ円チャート

■2018年4月4日のトルコリラ円動向
 少しも収まる様子を見せない米中貿易戦争ですが、今週に入って二度目の強烈な一撃が、本日もかまされました。

 中国が対米報復関税導入を発表したことにより、為替市場はリスク回避が強まったことで円高が進行。
 ドル円では一時106円台を割り込み、他のクロス円ではドル買いとなったことで、クロス円は軒並み下落しました。

 トルコリラ円も急落といって良いほど落ち込み、26.3円台まで下落しています。

 ドルトルコリラも4.0を突破してしまっていますし……。

 ただ今回のトルコリラ急落は、この米中貿易戦争が嫌気されただけでなく、どうも金利引き下げの政府施策報道を受けたことも、大きな要因になっているようです。

 報道によると、国庫の借り入れ必要度を引き下げることによる金利低下を政府が策定中とのこと。
 このことについて、エルドアン大統領は2週間以内に発表すると地元メディアが報道しており、トルコリラ売りに繋がったようです。

 ……どうやらエルドアン大統領、何が何でも金利引き下げを狙っているようです。

 これはかなり……トルコリラにとって危険な状況に陥りそうですね。

 この新年度が始まった4月は、波乱の運命が待ち構えているようです……。

スポンサードリンク

ドル円動向

 本日のドル円は米中貿易戦争への警戒感から、106円台後半から106円割れまで急落。

 それでもどうにか106円台は維持しているものの、21時現在、106.10円台での推移が続いています。

 今日はADP雇用統計があったのですが、結果は予想よりも良かったものの、これといった反応は無かったようです。

 やはり焦点は、米中貿易戦争の行方のようですね。

 今回の中国の発表を受けて、NY時間に入った米国がどんな反応をするのか。
 その反応次第によっては、更にリスク回避は進むかもしれません。

トルコリラ動向

USD/TRY

 本日のドルトルコリラは大いに上昇し、節目の4.0リラを軽く突破して、史上最安値に迫る勢いとなっています。

 要因は冒頭にも書いた、金利引き下げ施策と、米中貿易戦争の二つですね。

 悪いことは重なるもので、トルコリラはますます下がる一方となっています。

TRY/JPY

 本日のトルコリラ円は急落しました。

 米中貿易戦争を嫌気したドル円の下落、エルドアン大統領により金利引き下げ施策報道により、ドルトルコリラが上昇。

 当然トルコリラ円は真っ逆さま、というわけですね。

 一時26.30円台まで下落したトルコリラ円ですが、21時現在、26.40~26.50円台付近までどうにか値を戻してくれてはいます。

 しかし一連の報道をみるに、この先も不安定になることは間違いなく。27円回復もこのままでは夢となってしまいそうですね。

 ともあれ今は報道にあった、エルドアン大統領が2週間以内に例の施策を発表する、ということこそ警戒しなくてはいけなさそうなので、この2週間はなかなかしんどい日々となりそうです……。

 ■参考⇒トルコリラ円の見通しと資産運用【2018年版】

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

トルコリラ円おすすめFX会社

トルコリラ円ならマネーパートナーズ

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ
 管理人も使用させていただいているFX会社です。

マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

 マネーパートナーズについての詳細はこちら⇒『マネーパートナーズ トルコリラ円おすすめFX会社』

ドルトルコリラならXM

 ドルトルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。
 XMについての詳細はこちらにまとめてあります。
 口座開設方法についてはこちらに詳しいです。


 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

デイリーレポートカテゴリの最新記事