日銀会合と円の売り買い【トルコリラ円デイリーレポート2018年1月23日】

日銀会合と円の売り買い【トルコリラ円デイリーレポート2018年1月23日】

2018年1月23日 トルコリラ円チャート

■2018年1月23日のトルコリラ円動向
 本日は日銀会合を巡って、ドル円が大きく上下しました。

 結局円高に振れたことで、トルコリラ円は軟調に。

 またトルコのアフリーン攻撃については、今のところ目立った非難は無く、思ったよりは落ち着いている印象ですね。
 あとは米国の反応次第、といったところなのでしょうが……。

 ともあれドルトルコリラは、ややドル買い、で推移していますが、そこまで大きくリラが売られているわけではなく、どちらかというとドル円の下落が大きく響いてしまっているようです。

ドル円動向

 東京時間の12時過ぎに、日銀は当座預金のうち政策金利残高に対する0.1%のマイナス金利を維持し、10年債利回りが0%で推移するよう長期国債の買い入れを行うと発表しました。要するに、現状維持というわけですね。

 この時に、テーパリング(量的金融緩和政策における金融資産の買い入れ額を縮小すること)について言及が無かったことや、展望レポートについても従来と変わらなかったことから、ドル円は110.50円台まで下落しました。

 その後、黒田日銀総裁の発言を受けて円安が進行。
 一時111.10円台まで上昇しました。

 しかしその後ドル円は失速。
 日銀の出口戦略を巡る思惑後退にも円売りが進まず、持ち高調整と思われる円買いが優勢となり、結局ドル円は下落しました。

 22時現在、ドル円は110.50円台で下げ渋っている状況です。

トルコリラ動向

USD/TRY

 本日のドルトルコリラは、流れとしてはドル高基調ですが、そこまで大きな流れにはなっていないようです。

 22時現在では3.7800リラ付近で推移しており、一時3.8リラをタッチしたものの、その後はリラが買い戻されているようです。

TRY/JPY

 トルコリラ円は。29円前半での推移が続いています。

 円安の流れにのって、一時は29.367円と調子良く上昇していたのですが、ドル円の失速に伴って円高となり、トルコリラ円は29円割れ寸前まで追い込まれる場面もありました。

 その後ドルトルコリラが3.8から3.78まで持ち直したこともあって、トルコリラ円は29.20円台まで回復。
 22時現在はこの水準での推移が続いています。

 トルコリラ円はどうにか下げ渋ってくれているようですが、やはりドル円の円高が気になるところですね。
 今は110円割れという大台割れだけは、どうにか回避してもらいたいものです。

 ■参考
 トルコリラ円の見通しと資産運用【2018年版】

スポンサードリンク

トルコリラレポートカテゴリの最新記事