外為どっとコム、メキシコペソ円スプレッド0.1銭に!【トルコリラ円デイリーレポート2018年1月17日】

外為どっとコム、メキシコペソ円スプレッド0.1銭に!【トルコリラ円デイリーレポート2018年1月17日】

2018年1月17日 トルコリラ円チャート

■2018年1月17日のトルコリラ円動向
 トルコリラの調子がよろしくなく、本日も29円割れなどを繰り返しているので……今回は現実逃避的に、別の話題をちょこちょこと書きたいと思います。

メキシコペソ円競争激化

 今年に入ってから、各社のメキシコペソ円の競争が激しさを増してきています。

 国内FX業者でメキシコペソ円を取り扱っているところは少なく、実は片手で足りるほどなんですね。

 その中にあって私が利用させていただいている外為どっとコムは、以前からメキシコペソ円の取り扱いがあり、しかも昨年年末までスワップポイントを15円で固定するなど、かなり頑張っていました。

 そして今年に入ると、メキシコペソ円競争が激化。

 今まではただ取り扱っているよー、くらいの(スワップポイントがこれまでほとんどついていなかった)ヒロセ通商が突然牙をむき、高いスワップポイントを付与してきました。

 先週一週間に関していえば、明らかにナンバー1のスワップポイント付与率でしたね。

 キャンペーン期間も終了し、やや大人しくなっていた外為どっとコムも、ここにきて反撃。
 本日17日より、これまでの0.5銭のスプレッドを0.1銭まで下げる、期間限定のキャンペーンを開始しました。

 期間は2018年1月17日(水)午前9時00分~同2月1日(木)午前3時00分まで。
 また時間帯もコアタイム(午前9:00~翌午前3:00)の間のみとなっています。

 しかし0.1銭というのは……なかなか凄いですね。

 メキシコペソ円は他の通貨に比べると値動きが狭いので、少しのスプレッドも利益を出すのには枷になりますが、ここまで狭いと細々と為替差益を狙っていくこともできそうです。

 まあ管理人はスワップポイント狙いですので、頻繁に買ったり売ったりしないので恩恵はあまりありませんが、ついつい手を出したくなる誘惑は感じずにはおれません。

 何はともあれ、この調子で競争原理が働き、取引し易くなることはまことにありがたいことですね。

トルコリラ動向

 一応、トルコリラ円デイリーレポートと銘打っているので、少しは現実に戻ってトルコリラについても。

 今週に入ってからは、29円を挟んでの攻防が続いています。
 割っては持ち直し、でもまた割り込む、といった繰り返しです。

 本日のトルコリラ円は、一時29.180円まで上昇する場面もあったのですが、欧州時間に入るといつものごとくトルコリラ売りが加速し、トルコリラ円は29円を割り込んで28.908円まで下落しました。
 
 先日はその後29円台を回復できましたが、今日はできるのか、できないのか。
 このままずるずる落ちるのか。

 明日はトルコの政策金利が発表される予定ですが、思わぬ結果に思わぬことにならないよう、願うのみですね。

 ■参考
 トルコリラ円の見通しと資産運用【2018年版】

スポンサードリンク

トルコリラ円おすすめFX会社

トルコリラ円ならマネーパートナーズ

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ
 管理人も使用させていただいているFX会社です。

マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

 マネーパートナーズについての詳細はこちら⇒『マネーパートナーズ トルコリラ円おすすめFX会社』

ドルトルコリラならXM

 ドルトルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。
 XMについての詳細はこちらにまとめてあります。
 口座開設方法についてはこちらに詳しいです。


 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

デイリーレポートカテゴリの最新記事