トルコリラ円失速、30円台維持できるか【トルコリラ円デイリーレポート2018年1月9日】

トルコリラ円失速、30円台維持できるか【トルコリラ円デイリーレポート2018年1月9日】

2018年1月9日 トルコリラ円チャート

■2018年1月9日のトルコリラ円動向
 年明けとなった先週のトルコリラ円は調子のいいものでした。

 しかし週が変わって昨日より、やや風向きが怪しくなってきています。

 30.20円台で頑張っていたトルコリラ円も、気づけば30円台ギリギリまで下落。
 特に本日は東京時間にドル円の落ち込みが大きく、その影響を受けた感じでした。

 またトルコリラのお国許、トルコでは非常事態宣言が相変わらず延長されるとのことで、これが影響したのかしないのか、ドル買い優勢になったことも、トルコリラ円下落の要因になっています。

 本日は円高の影響が大きく、トルコリラ円に限らずだいたいのクロス円は下落していますので、リラ自体に問題があるわけではないようですが、それでもここで30円を割り込んでしまうのは面白くないので、是非とも頑張って欲しいところです。

ドル円動向

 先日は日本が祝日ということもあって、東京時間は商いが薄い状況でしたが、ドル円は堅調に推移して113.40円台まで上昇しました。

 しかし欧州時間以降は失速し、113円台を割り込むところまで落ち込みます。

 そして本日に入り、どうにか113円台を維持してきたドル円でしたが、東京時間に急落して112円半ばまで下落。

 これにつられて他のクロス円も大きく円高に振れる形になっています。

 その後欧州時間に入り、16時現在112.70円台まで戻してはいるものの、戻りは鈍い状況となっています。

トルコリラ動向

USD/TRY

 先日は3.7330リラから3.7560リラ付近までドル買いリラ売りが進行。
 トルコリラ円での下落要因となりました。

 その後じわじわと買い戻されるも、3.7410付近まで戻したところで再びドル買いに火がつき、16時現在では3.7480リラ付近での推移となっています。

TRY/JPY

 特に材料があったわけもないのですが、年明けよりクロス円などは上昇しており、一週間経過したことで高値警戒の調整なども入っているようなので、調整後、どのように動いていくか注視したいところです。

 とりあえずトルコリラ円は16時現在で30円台ギリギリの水準まで落ち込んできていますので、まずはここを凌いで30円台の維持を果たしてもらいたいですね。

 ■参考
 トルコリラ円の見通しと資産運用【2018年版】

スポンサードリンク

トルコリラレポートカテゴリの最新記事