トルコ9月失業率10.6% 【トルコリラ円デイリーレポート2017年12月15日】

トルコ9月失業率10.6% 【トルコリラ円デイリーレポート2017年12月15日】

2017年12月15日 トルコリラ円チャート

■2017年12月15日のトルコリラ円動向
 先日は残念な結果に終わったトルコ中銀による政策金利でしたが……やはりあの後29円を割り込み、28円台まで落ち込む結果になりました。

 ただ一応下げ渋ってはおり、どうにか29円台を回復。
 その後、29円を挟んでの一進一退が続いています。

 そんな中、本日はトルコの経済指標が発表されました。

 トルコ9月失業率
 前回10.6% 予想10.7% 結果10.6%

 僅かですが、予想より良い結果となっています。
 この結果なども、どうにか下落が止まっている要因になってくれているのかもしれませんね。

 ちなみに先日はメキシコ中銀の政策金利も発表されていたりするのですが、こちらは予想通り利上げされたにも関わらず、上昇に転じることなく下落し続けています。

 同じ高金利通貨の南アフリカランドなどは比較的堅調に推移している一方で、トルコリラとメキシコペソは残念なことになっているわけでして……できることならみんなそろって上げて欲しいものですね。

ドル円動向

 先日よりドル円はあまり元気がありません。

 昨夜のNY時間に米共和党上院議員2人が、税制改革法案の一部変更を要求したという報道を受けて、112.80円台から112円割れ寸前まで急落。

 何だかんだで市場は米税制改革の行方について、神経質になっているようです。

 急落後、本日のドル円の戻りは鈍く、112円台前半での推移が続くなか、じわじわと円高が進行してしまっています。

トルコリラ動向

USD/TRY

 ドルトルコリラは先日の政策金利発表の際に大きくトルコリラが売られたこともあり、本日は買い戻し優勢となりました。

 一時は3.8520付近までトルコリラ高となり、先日の半値戻しまでいったのですが、その後再びドル優勢ともなっており、23時現在では3.8730付近での推移となっています。

TRY/JPY

 トルコリラ円は先日の政策金利発表の結果を受けて、失望売りとなり、28.80円台まで下落しました。

 その後じわじわと買い戻されて、本日の欧州時間には29円台を回復。

 ただし明確に29円台の突破は未だ果たしておらず、29円を挟んでの揉み合いが続いている状況です。

 週末なのでこの先大きな値動きは期待できないところですが、できれば29円台を回復した上で、クローズとなって欲しいものですね。

スポンサードリンク

トルコリラ円おすすめFX会社

トルコリラ円ならマネーパートナーズ

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ
 管理人も使用させていただいているFX会社です。

マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

 マネーパートナーズについての詳細はこちら⇒『マネーパートナーズ トルコリラ円おすすめFX会社』

ドルトルコリラならXM

 ドルトルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。
 XMについての詳細はこちらにまとめてあります。
 口座開設方法についてはこちらに詳しいです。


 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

デイリーレポートカテゴリの最新記事