トルコリラ、イベントを控えて様子見ムードに 【トルコリラ円デイリーレポート2017年12月12日】

トルコリラ、イベントを控えて様子見ムードに 【トルコリラ円デイリーレポート2017年12月12日】

2017年12月12日 トルコリラ円チャート

■2017年12月12日のトルコリラ円動向
 トルコリラに限った話ではないのですが、今後のイベントを控えて様子見ムードになってきているようで、小動きとなっています。

 トルコリラの場合は政策金利発表であり、ドル円の場合ですと米連邦公開市場委員会(FOMC)が始まるからですね。
 またアラバマ州上院補欠選挙の投開票結果待ちも、様子見になっている要因の一つのようです。

 ちなみにトルコの方に目を向けると、エルドアン大統領の発言がちょこちょこ入ってきます。

 エルドアン大統領はロシアのプーチン大統領と二者会談を行ったようで、共同記者会見を行い、トルコとロシアの協力関係を表明。
 その中にはS-400ミサイル防衛システム購入についても語られたようです。

 トルコとロシアとの関係が改善されていく一方で、エルサレム問題について米国との溝は深まるばかりですね。

 話は変わってエルドアン大統領は世界人権デーの催しで演説し、エルサレム問題に言及。
 トランプ大統領を批判しています。

 また同演説の中で、トルコ経済についても触れ、先日発表された第3四半期のGDPの結果が11.1%であったことにも触れ、

 「トルコは、自分を信頼し、信じて投資を行ってくれた人々を失望させたことは決してなく、失望させることもない」

 と語ったようです。

 まあ私も投資している一人ですので、是非そのようにお願いしたいところですね。

ドル円動向

 冒頭にも書いたように、イベント待ちでドル円は小動きとなっており、膠着しています。

 ただ日経平均がマイナスで引けたことや、米長期金利の低下が重しとなって、やや軟調に推移しているようです。

トルコリラ動向

USD/TRY

 本日のドルトルコリラは、東京時間はいつものように揉み合いながらもドル高となっていたのですが、欧州時間以降、トルコリラ買い優勢となっており、3.8230付近までリラが上昇しました。

 ここ最近一方的にドルに対してリラが売り込まれることがなくなっており、やはりトルコ中銀による利上げに期待が高まっている感が、伝わってきますね。

TRY/JPY

 トルコリラ円はドル円がやや元気がないため、じわじわと値を下げた東京時間でしたが、ドルトルコリラでのリラ買い優勢もあって、29.60円台を19時現在では維持できています。

 ただ29.50~29.60円台の狭い値動きが先日より続いており、全体として様子見ムード、膠着状態なのは間違いありません。

 そのイベントも迫ってきていますので……期待したいところです。

スポンサードリンク

トルコリラ円おすすめFX会社

トルコリラ円ならマネーパートナーズ

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ
 管理人も使用させていただいているFX会社です。

マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

 マネーパートナーズについての詳細はこちら⇒『マネーパートナーズ トルコリラ円おすすめFX会社』

ドルトルコリラならXM

 ドルトルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。
 XMについての詳細はこちらにまとめてあります。
 口座開設方法についてはこちらに詳しいです。


 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

トルコリラレポートカテゴリの最新記事