トルコとイスラエル【トルコリラ円デイリーレポート2017年12月7日】

トルコとイスラエル【トルコリラ円デイリーレポート2017年12月7日】

2017年12月7日 トルコリラ円チャート

■2017年12月7日のトルコリラ円動向
 今日もトルコリラにとって、あまり良いニュースは聞こえてこないですね。
 悪いニュースならば、事欠かないのですが……。

 先日も書いたように、トランプ大統領による、エルサレムをイスラエルの首都に認定する、という問題に対し、トルコは明確に反発しています。

 トルコはいわばイスラム教国ですが、そのイスラム教諸国の中では米国寄りの立場(最近こじれており、これが問題となっていますが)であり、さらにはイスラエルとも比較的仲が良かったとされています。

 しかし……2008年から2009年にかけて行われたガザ紛争を機に、冷え込むことになりました。

 ざっくりといえば、トルコはガザ紛争の際にパレスチナのハマスではなく、イスラエルを強く非難したことが原因です。
 当時のエルドアン首相は、世界経済フォーラムでイスラエルを非難したことでも知られています。

 そんなこんなで、今も両国の関係はあまりよろしいとはいえず……当然トルコとしては反発するに至った、というわけですね。

 またトルコの99%はムスリムとされている一方で、イスラエルの大多数はユダヤ教徒であるということも、対立に繋がっていると思われます。

 余談ですが、イスラエルでは宗教の自由が認められていますので、ムスリムやキリスト教徒なども、一定数、存在しています。

 とにもかくにも今回の件に関し、エルドアン大統領は「エルサレム首都宣言は地域を火の輪の中に放り込むことだ」と発言していますので……トルコとイスラエルの関係悪化はもとより、認定した米国との関係はさらにこじれる可能性も出てくるわけで、何とも困った話ですね。

ドル円動向

 本日のドル円ですが、先日と比べてリスク回避ムードが後退したようで、各国の株価も上昇しており、米長期金利も上昇していることから、ドル買い優勢となっているようです。

 112円前半で始まったドル円も、21時現在では112円後半と、じわじわと上値を伸ばしている状況です。

トルコリラ動向

USD/TRY

 ドル円同様、本日のドルトルコリラもドル優勢となっています。

 東京午前くらいまでは3.8500付近での値動きでしたが、東京午後以降、ドル買いの流れとなって21時現在では3.8680付近の高値圏での推移となっています。

TRY/JPY

 トルコリラ円はやや本日のマイナス圏に落ち込んではいますが、ドル円堅調とドルトルコリラでのリラ売りが相殺されて、ほぼもみ合う形となっています。

 どうにか29.10円台を維持している、といったところですね。

 明日の金曜にはビッグイベントである米雇用統計が控えていますので……どんな動きになるかやや不安ではありますが、できれば29円台を維持したまま、今週を終えて欲しいものです。

スポンサードリンク

トルコリラ円おすすめFX会社

トルコリラ円ならマネーパートナーズ

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ
 管理人も使用させていただいているFX会社です。

マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

 マネーパートナーズについての詳細はこちら⇒『マネーパートナーズ トルコリラ円おすすめFX会社』

ドルトルコリラならXM

 ドルトルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。
 XMについての詳細はこちらにまとめてあります。
 口座開設方法についてはこちらに詳しいです。


 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

デイリーレポートカテゴリの最新記事