タックス・ヘイブンのブラックリスト回避により、トルコリラ上昇【トルコリラ円デイリーレポート2017年11月28日】

タックス・ヘイブンのブラックリスト回避により、トルコリラ上昇【トルコリラ円デイリーレポート2017年11月28日】

2017年11月28日 トルコリラ円チャート

■2017年11月28日のトルコリラ円動向
 週明けとなった先日月曜のNY時間において、トルコリラ円は28円半ばまで上昇しました。

 その要因は欧州連合(EU)によるタックス・ヘイブンのブラックリスト入りを、回避したことを好感してのものだったようです。

 ちなみにタックス・ヘイブンとは一般的に租税回避地と呼ばれるもので、一定の課税が軽減される、もしくは完全に免除される国や地域のこととされています。

 イギリス領ケイマン諸島やバージン諸島などのカリブ海の島国を初めとして、米国のデラウェア州もタックス・ヘイブンとして有名です。

 特にデラウェア州では居住者よりも企業の方が多く存在しているそうで、世界最悪のタックス・ヘイブンとも言われているようです。

 このタックス・ヘイブンはマネーロンダリングの温床になっていたり、貧富格差の拡大に繋がったりとあまりよろしくない目的に使用されたりするため……各国では対策がとられていたりします。

 経済協力開発機構 (OECD) などではタックス・ヘイブンの判定やその対策を行っており、日本やその他諸外国でも同様に措置が行われているようです。

 当然EUも同様でして、トルコがタックス・ヘイブンのブラックリストに載るかもしれない、という状況にあったのですが、今回それは回避されることになったようです。

 こんなリストに載ってしまうと、国家としてはあまり体面がよろしくありませんので……もしブラックリスト入りなどしていようものなら、さらにトルコリラが売られていたかもしれませんね。

 ともあれ今回はそうならずに良かった、というところでしょう。

 これ以上の泣き面に蜂は勘弁して欲しいところです。 

ドル円動向

前日の動向

 先日のドル円は下落しました。

 週明けの月曜、東京時間は111.60円台でスタート。
 日経平均が下落したことも足かせとなって、111円台半ばでの推移が続きます。

 そして海外時間に入ると、米長期金利の低下もあって、111円台を割り込むことになります。

 ただ米10月新築住宅販売の経済指標が発表されると、予想よりも大幅に上昇していたことを受けて、ドル円は反発。
 いったん、111円を回復しました。

 ところがその後、北朝鮮のミサイル発射準備を伺わせる電波信号を捕捉した、という報道がされるとリスク回避となって再度111円を割り込み、110.80円台まで下押しされました。

 その後は買い戻しが入ったようで、111円を回復させて、NY時間はクローズとなっています。

本日の動向

 本日のドル円はいったん111.20円台まで上げる場面もあったものの、東京時間に入り、日経平均が下落して始まったことなどを受けて、111円を割り込む展開に。

 ただこの水準は底堅く、買戻しも入るなどして10時現在では111.10円台まで回復している状況です。

トルコリラ動向

USD/TRY

 先日のドルトルコリラは大きく下落しました。

 東京時間はややドル売りといった程度の流れでしかなかったのですが、欧州時間とNY時間に大きく下げ、トルコリラは3.890まで上昇しました。

 その後買い戻しも入り、3.9までドルは上昇しますが、本日にかけてはその水準での揉み合いとなっており、恐らく東京時間での動きはいつものように膠着すると思われますが、欧州時間以降、どのような動きになるかが注目ですね。

TRY/JPY

 先日のトルコリラ円は上昇しました。

 28.20円台での推移が続く中、欧州時間には28.30円台に、NY時間には28.40円台まで上昇し、一時は28.50円台まで上値を伸ばしました。

 要因は主に上述した、EUによるタックス・ヘイブンのブラックリスト回避によるものですね。

 良いニュースではありますが、一時的なカンフル剤のようなものなので……この流れが本日も継続するかどうかは微妙なところですね。

 ただトルコ中銀の利上げへの警戒もあって、積極的に売り込まれることもないとは思うので、このままじわじわ上がっていって欲しいところです。

スポンサードリンク

トルコリラ円おすすめFX会社

トルコリラ円ならマネーパートナーズ

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ
 管理人も使用させていただいているFX会社です。

マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

 マネーパートナーズについての詳細はこちら⇒『マネーパートナーズ トルコリラ円おすすめFX会社』

ドルトルコリラならXM

 ドルトルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。
 XMについての詳細はこちらにまとめてあります。
 口座開設方法についてはこちらに詳しいです。


 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

デイリーレポートカテゴリの最新記事