トルコリラ一旦調整か 【トルコリラ円デイリーレポート2017年11月6日】

トルコリラ一旦調整か 【トルコリラ円デイリーレポート2017年11月6日】

■2017年11月6日のトルコリラ円動向■


《2017年11月6日 トルコリラ円チャート》

 悪夢のような先週末から本日週明けとなりましたが、出だしは静かなスタートとなりました。

 先週末にはS&P社によるトルコの格付が発表され、結果は前回同様のネガティブとなっており、据え置きでした。

 これが週明けのトルコリラに影響するかどうか、やや心配だったのですが、どうやら特に影響は無かったようです。

 そして本日のトルコリラですが、先週末にかなり売り込まれたこともあってか、買戻しが優勢になっています。

 ドル円は114円台を維持している一方で、ドルトルコリラでリラが買い戻されており、トルコリラ円は29円半ばまで値を戻しています。

 トルコリラが買われるようなプラス要因が何かあったわけでもなさそうなので、本日に関しては一種の調整の動きのような印象を受けますね。

 確かにトルコリラ円もドルトルコリラも、かなり安い水準にまで落ちていたので、絶好の買い場といえば買い場だったわけで。

 ただ一巡後、どうなるか分からないのがトルコリラですので……今後が不安といえば不安なのは否めないところです。

ドル円動向

 本日のドル円は、東京午前に114.70円台とドル高円安に振れたものの、その後失速する展開となっています。

 21時現在は114円台と本日のプラス圏を維持しているものの、欧州時間に入ってからは円買い優勢となっており、一時は113円台へと割り込む場面もみられました。

 欧州株が全面安になったことや、米長期金利が2.32%割れまで落ち込んだことが影響したようです。

USD/TRY

 本日のドルトルコリラは軟調に推移しています。

 先週末のクローズ時点では、3.8900リラ付近まで上昇しており、3.9を狙う位置まできていたのですが、本日に入ってからはトルコリラ買いが優勢となっており、21時現在では3.8560リラ付近までリラが上昇しました。

 特に欧州時間に入ってから大きく値が動いており、先週までの売られ過ぎによる調整が入った感じですね。

 この流れがいつまで続くかは分かりませんが、いまのうちに少しでもトルコリラを買い戻して欲しいところです。

TRY/JPY

 29.30円台で始まったトルコリラ円ですが、東京午前はドル円の上昇により円安となって、一時29.50円台まで上昇。

 その後ドル円の失速などから29.30円台まで押し戻されてしまいますが、欧州時間に入るとドルトルコリラでのリラ買い優勢により、29.60円台まで上値を伸ばしました。

 以降は29.50円台で揉み合いが続いている状況です。

 先週末の流れですと、このまま28円台突入かという勢いだったのですが、いったん落ち着いたようで一安心ですね。

 ただこの後、改めて下に向かって落ちていく可能性も十分にあるので、油断はまったくできなさそうです。

 とはいえ今週はそっとしておいて欲しいものですね。
 29円台では少しも落ち着きはしませんが……。

スポンサードリンク

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。
 XMについての詳細はこちらにまとめてあります。
 口座開設方法についてはこちらに詳しいです。

 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

デイリーレポートカテゴリの最新記事