トルコリラ円30円台維持なるか【トルコリラ円デイリーレポート2017年10月30日】

トルコリラ円30円台維持なるか【トルコリラ円デイリーレポート2017年10月30日】

■2017年10月30日のトルコリラ円動向■


《2017年10月30日 トルコリラ円チャート》

 10月も残り僅かですが、そんな中での週明けです。

 ドルトルコリラでドル売り優勢で始まったこともあり、トルコリラ円は30円台を回復してのスタートとなっています。

 出だしとしては、まずまずといったところでしょうか。

 先週のクローズ時点と比べて劇的に上がったわけでもないのですが、それでも30円台と29円台では、気分的にずいぶん違うものがありますね。

ドル円動向

 本日のドル円は、東京午前、日経平均がマイナス圏にあったことや米長期金利の低下を受けて、じり安となりました。

 ゴトー日ではあったのですが、ドル買い需要は限定的でいまひとつだったようです。

 東京午後には米長金利がさらに低下し、それを材料として113.50円台まで押し込まれます。
 ただその水準で下げ渋り、以降は113.60円台にてもみ合う展開となっています。

 ちなみにドル円に影響しそうなトランプ大統領によるFRB新議長の発表について、11月2日の可能性があると、一部報道がされているようです。

 この日は要注意ですね。

USD/TRY

 本日のドルトルコリラですが、珍しく朝のオープン時より軟調に推移し続けています。

 じわじわとした程度ではあるのですが、ドルトルコリラでのドル売りはありがたいですね。

 21時現在、3.7700リラから3.7800リラでの推移となっています。

TRY/JPY

 トルコリラ円ですが、ドル円がやや軟調ではあるものの、ドルトルコリラの軟調の方が比較的強く影響しているようで、朝から30円台を回復した状態での推移が続いています。

 何度か29円台に瞬間的に下落した場面もあったのですが、じわじわと値を上げて、一時は30.150円台まで上値を拡大しました。

 しかしその後は失速し、21時現在に至るまで、30円台ををギリギリで維持しているものの、予断を許さない状況であるといえそうです。

 この水準での揉み合いは……これはこれで心臓に悪いですね。
 今これを書いている瞬間にも、30円割れしそうな雰囲気ですから……どうにかもうちょっと上がって欲しいところです。

スポンサードリンク

トルコリラレポートカテゴリの最新記事