トルコビザ発給業務停止問題、両国がトルコで会談 【トルコリラ円デイリーレポート2017年10月19日】

トルコビザ発給業務停止問題、両国がトルコで会談 【トルコリラ円デイリーレポート2017年10月19日】

■2017年10月19日のトルコリラ円動向■


《2017年10月19日 トルコリラ円チャート》

 先週からトルコリラの重しとなっている発給業務停止問題でしたが、多少は進展があったようです。

 トルコと米国との間で発生しているビザ問題について、米国務省のジョナサン・コーエン次官補は18日にトルコにて会談。
 両国の代表団が行った会談について、米国務省の高官は有意義であったと話しており、一応前向きな流れになっているようですね。

 実際のところどうなっているかはともかく、少なくとも表面上でも良い方向性になっていることは、トルコリラにとっては良い材料になっていきそうです。

ドル円動向

 前々から欧州での懸案となっているカタルーニャ州の独立問題ですが、スペイン政府はカタルーニャ州の自治を停止するプロセスに入ったという報道がなされ、これにユーロが反応。

 これにドル円もつられたようで、一時は112.50円台まで下落しました。

 東京時間には日経平均の連騰により、113円台を突破する場面もあったのですが、113円台に乗ると、やはり跳ね返されてしまっているようです。

トルコリラ動向

USD/TRY

 本日のドルトルコリラは、軟調推移となっています。
 珍しくトルコリラが優勢となっており、先日の高値を上回っている状況ですね。

 18時現在、3.660リラ付近での推移が続いています。

TRY/JPY

 トルコリラ円は相変わらずの膠着状態ではありますが、やや堅調に推移、といった流れになっています。

 ドル円は欧州時間以降失速するも、ドルトルコリラもドル売りとなっており、相殺される形で30.70円台付近での値動きとなっています。

 何とも上値が重い状態が続いているため、今週中の31円台回復はなかなか難しそうですが、せめて今の水準を維持して欲しいものですね。

スポンサードリンク

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。
 XMについての詳細はこちらにまとめてあります。

 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

デイリーレポートカテゴリの最新記事