トルコリラ大暴落!【トルコリラ円デイリーレポート2017年10月9日】

トルコリラ大暴落!【トルコリラ円デイリーレポート2017年10月9日】

■2017年10月9日のトルコリラ円動向■


《2017年10月9日 トルコリラ円チャート》

 タイトル通り、今日はこの一言に尽きますね。

 今朝の出勤途中にメールが鳴ったものだから、こんな早朝に何かと思って確認してみたところ、アラートメールだったわけでして。
 有効比率が200%切りましたよ~100%を下回ったらロスカットだよ~という、かつてよく目にしていたメールなわけですが。

 まさか本日見ることになるとは露思わなかったこともあり、思わずチャートを確認(普段、仕事中はチャートを見ないようにしているのですが)してしまいました。

 飛び込んできたのは29.50円くらいを指している数値。

 確か先週末は31円台でクローズしていたはずなのに、オープンからさほど時間もたっていないのに29円台とは如何に、と目を疑いましたが……何かあったんでしょうね、これは。

 その時は何があったのかわかりませんでしたが、これくらい見事に暴落したのは、いつぞやの国民選挙の時以来ですね。
 あの時も痛い目に遭ったわけですが。

 週末の時点では、今週、30円台半ばくらいまで下落するような局面があれば、どうしようかな、こうしようかなとあれこれ対応を考えていただけに、29円という数字をみて全て吹っ飛んでしまいました。
 で、ここまできたらどうとでもなれい、と思って一日中放置することにしたわけです。

 とりあえずあとで恐る恐る確認してみたら、30円台にまでは反発していたので、少しは息を吹き返した感じですが……これからどうなるのやら戦々恐々ですね。

対米関係の悪化を嫌気されての暴落

 さて今回トルコリラが暴落した原因ですが、先週、トルコでは昨年のクーデター未遂事件を巡って、イスタンブール米在外公館の職員が逮捕されており、これを受ける形で在トルコの米在外公館がビザ発給業務を縮小しました。

 これにより、今度はワシントンのトルコ大使館もビザ発給業務を縮小。

 具体的には難民関連を除く全てのビザ発給業務を停止しました。

 このような報道により、ドルに対してトルコリラは売られ、一時は1ドル=3.8リラを突破。
 これにより対円でも急落し、一時は29.20円台まで下落しました。

 その後反発し、30円台を回復した後は、30円台前半での推移が続いている状況です。

 今回の急落により、かなりの方がロスカットを受けたのではないかと思われます。

 自分も危なかったですが(今も危ない状況ですが)、とりあえず生き残れています。

 まさかこの日がこんなにも早く来るとは思っていなかったので、改めて新興国通貨の怖さを思い出させられました。

 この先どうなるか、どうしようかはまだ決めかねていますが、何とか生き残れる方法を模索していきたいところです。

スポンサードリンク

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。
 XMについての詳細はこちらにまとめてあります。

 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

デイリーレポートカテゴリの最新記事