トルコの基礎的財政収支について 【トルコリラ円デイリーレポート2017年10月5日】

トルコの基礎的財政収支について 【トルコリラ円デイリーレポート2017年10月5日】

■2017年10月5日のトルコリラ円動向■

《2017年10月5日 トルコリラ円チャート》

 トルコ政府によると、2018年の基礎的財政収支の黒字が58憶トルコリラになるとの見通しを示しました。
 ちなみに2019年の目標は118憶トルコリラであり、2020年は255憶トルコリラとのこと。

 また基礎的財政黒字の対国内総生産比率は、2018年が0.2%になると見込んでいるようです。

 この基礎的財政収支というのは、政府の会計において、過去の債務に関わる元利払い以外の支出、また公債発行などを覗いた収入との収支のことをいい、プライマリー・バランスともいいます。

 この基礎的財政収支が改善していくのであれば、ざっくりといえば財政破綻にはならない、ということになります。

 トルコ政府の出した見通しのように推移してくれれば、トルコの財政が破綻することはなく、とりあえずトルコリラは安泰、とのことになるでしょうが、是非ともそのようになって欲しいところです。

ドル円動向

 先日のドル円はいったん下落したものの、NY時間に入り、米9月ISM非製造業景況指数が予想を大幅に上回る結果となったことが好感されて、112円後半まで回復し、112.70円台にてNY時間を終えています。

 本日のドル円は、東京時間は112円後半での推移が続くも、欧州時間以降、軟調に推移。
 22時現在では112.40円台まで下落しています。

 本日発表された米8月貿易赤字縮小や、新規失業保険申請件数の減少を受けていったん下げ止まったものの、反転する様子はなく、ドル円および他のクロス円各通貨での下落の流れが続いている状況です。

トルコリラ動向

USD/TRY

 本日のドルトルコリラは、先日同様、膠着状態が続いています。

 オープン時の3.5700リラを挟んでの推移が続いており、何とももどかしい状況が続いていますね。

TRY/JPY

 そしてトルコリラ円ですが、本日は明確に下落始めている状況です。

 日中、東京時間は揉み合いが続きましたが、欧州時間以降、ドル円の下落に引っ張られる形で31.50円台を割り込んでいます。

 これまで31.50円台は死守していたのですが、ここを割り込んで回復しないようですと、先行きは少々不安になってきますね。

 明日は雇用統計も控えているので、どうにか反転上昇して欲しいところです。

スポンサードリンク

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。
 XMについての詳細はこちらにまとめてあります。

 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

デイリーレポートカテゴリの最新記事