北朝鮮、水爆実験に言及【トルコリラ円デイリーレポート2017年9月22日】

北朝鮮、水爆実験に言及【トルコリラ円デイリーレポート2017年9月22日】

■2017年9月22日のトルコリラ円動向■


《2017年9月22日 トルコリラ円チャート》

 本日の東京為替市場は、北朝鮮が再び挑発発言をしたためにリスク回避の流れとなりました。

 具体的には、太平洋上で水爆実験を行う、というもの。

 かつては各国で何度も行われていた核実験ですが、1963年にPTBT(部分的核実験禁止条約)が締結され、それを批准していない中国やフランスでも大気圏内での核実験を行うことをやめています。

 そんな中で万が一、北朝鮮が核実験を強行しようものならとんでもないことになるでしょう。

 ともあれそんな発言が北朝鮮の外相から出たことで、リスク回避の円買いとなり、ドル円は下落しました。

ドル円動向

 本日の東京午前のドル円は、北朝鮮外務相発言により下落。

 112円半ばからじり安となり、ストップロスを巻き込んだようで111.60円台まで値を下げることになります。

 ただ東京午後になるとやや警戒感は和らぎ、円が売り戻されました。

 しかしそれでもどうにか112円を回復する水準に至るのがやっとであったようで、21時現在も112円を挟んだ水準での揉み合いが続いています。

トルコリラ動向

USD/TRY

 本日のドルトルコリラは軟調に推移。

 ドルの弱さも手伝ってか、3.5リラを割り込んできています。

 先日は3.5のライン上で揉み合って膠着状態でしたが、今日は明確にドル売りの流れになっているようですね。

 一時は3.4850リラまでトルコリラが買われたものの、ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁が、年内にもう一度利上げが行われる可能性がある、などと発言したことを受けて、少しドルは買い戻され、21時現在では3.4950リラ付近まで値を戻してしまっています。

TRY/JPY

 ドル円は軟調であるものの、ドルトルコリラも軟調であることもあって相殺され、トルコリラ円は相変わらずの32円付近でうろうろしている状況です。

 スワップポイント狙いの身としては、この水準で留まってくれていることは決して悪い話ではないのですが、いい加減32円から飛び抜けて欲しいという思いはありますね。

 33円あたりまでいってくれれば実効レバレッジもだいぶ下がるので、かなり安心できるのですが、なかなかうまくはいかないようです。

 ちなみに本日のスワップポイント3倍デーも、1日あたり96円をキープしてくれました。
 これで完全に復活したと考えて大丈夫そうですね。良かった良かった。

スポンサードリンク

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。
 XMについての詳細はこちらにまとめてあります。

 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

デイリーレポートカテゴリの最新記事