トルコリラ円デイリーレポート スワップポイント下落!【2017年9月13日】

トルコリラ円デイリーレポート スワップポイント下落!【2017年9月13日】

■2017年9月13日のトルコリラ円動向■


《2017年9月13日 トルコリラ円チャート》

 先日のブログにも書きましたが、トルコリラ円のスワップポイントが急落しています。

 外為どっとコムですと、月曜が86円、火曜が66円、水曜が78円という風に推移しています。

 いったい何が起こったのやらと思っていましたが、いつも愛読させていただいている大王さまのブログにて、その原因であろう情報が掲載されていましたので、こちらでも改めて紹介させていただきます。

 トルコリラのスワップポイントの急落について(トルコ中銀オペレーション実施) ~トルコリラと地獄の日々 より

 大王さまのブログによると、先日トルコ中央銀行が公開市場操作、いわゆる買いオペを行ったようなのです。

 買いオペというのは、中央銀行が市場から債権や手形を買うことにより、市場の通貨量が増加。
 これは金融を緩和し、金利を引き下げる効果があるとされています。

 これをトルコ中銀が行ったことで、短期金利が急落し、それはそのままスワップポイントの急落に直結した、ということになるようです。

 大王さまも注意を喚起されていますが、利下げの動きが高まっているようなので、明日の政策金利は要警戒、ですね。

 北朝鮮リスクが落ち着いてきたと思ったら、今度はトルコ利下げの動きが活発化するなど、きな臭い状況になっているわけですが、一難去ってまた一難とはよく言ったものです。

ドル円動向

 本日の東京午前は、今週になって継続しているリスク回避の巻き戻しの流れにより、110.20円台までドル円は上昇しました。

 とはいえ、ドル円は先週末の底値である107.30円台から3円近くも急騰しており、利益確定の動きなどもみられるようになって、上値は抑えられる結果になっています。

 日経平均は堅調に推移したものの、米長期金利が低下したことなどが重しとなって、その後じり安となり、109.90円台まで下押しされる場面も見られました。

 20時現在では110円台を回復し、そのラインでの推移が続いています。

トルコリラ動向

USD/TRY

 ドルトルコリラは先日に引き続き、ドル優勢の流れになっています。

 トルコリラの利下げ圧力も意識されているのかいないのか、先日よりリラは弱い印象になっていますね。

 一時は3.450リラ付近まで上昇しており、3.4どころから3.5を意識しなくてはいけない状況になりつつあるかもしれません。

TRY/JPY

 トルコリラ円は東京午前、何とか32円台を死守していましたが、海外時間に入ると陥落し、31円台へと下押しされています。

 ドルトルコリラの上昇と、ドル円がやや失速気味になっていることが、影響しているようです。

 この32円のラインは、なかなかどうして抜けそうで抜けませんね。

 明日の政策金利の結果如何によってはこれを突破する可能性も、逆に急落して遠のく可能性もあるわけですが、贅沢は言わないのでせめて現状を維持して欲しいものです。

スポンサードリンク

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。

 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。
 英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

デイリーレポートカテゴリの最新記事