トルコリラ円デイリーレポート トルコリラ苦戦【2017年9月12日】

トルコリラ円デイリーレポート トルコリラ苦戦【2017年9月12日】

■2017年9月12日のトルコリラ円動向■


《2017年9月12日 トルコリラ円チャート》

 本日のトルコリラは、先日と比べると各所で迎撃されて苦戦し、伸び悩む展開になっています。

 肝心のトルコリラ円戦線では、32円を挟んでの攻防が激化。
 一進一退が続いている状況です。

 一方でドルトルコリラ戦線では、先日3.4を突破したものの、本日はドル優勢でかなり押し戻されてしまっており、3.4のラインは遠のいてしまっています。

 そしてスワップポイントですが……これはあくまで私が利用させていただいている外為どっとコムの話ですが、先日よりスワップポイントが落ち始め(月曜は86円でした)、そして今日は66円にまで急落。

 70円台も飛び越して一気に66円とは……さすがに予想していなかった下げっぷりですね。

 先々週もスワップポイントが落ち込む日があり、その後回復してくれたのですが、今回もそんな一時的なものであって欲しいものです。

 そうでないと……さすがに乗り換えを考えてしまいますね。

 ちなみに本日、トルコのエルドアン大統領が中央銀行に対して金利引き下げ圧力をかける方針、という報道があったために、トルコリラが弱含んでいるようです。

 相変わらずこの大統領、利下げ利下げと言ってきますね。

 14日にはトルコ中銀の政策金利発表が控えていますので……もしもの時は、かなり困ったことになるかもしれません。
 中銀には頑張って、独立性を維持してもらいたいものです。

ドル円動向

 北朝鮮絡みのリスク回避ムードは一旦後退となっている模様です。

 これにより欧州株は株高に、米長期金利は上昇するなどして、ドル買い円売りの流れが続いています。

 先週末の107円台から、あっという間に109円台を回復し、この勢いだと110円台回復もありそうですね。

 19時現在では109.80円台で推移中です。

トルコリラ動向

USD/TRY

 ドルトルコリラは、先日3.4のラインを割り込んだものの、その後ドル買い優勢となり、アジア時間もじわじわとトルコリラが売られ続けました。

 そしてどうやら冒頭に書いたエルドアン大統領の発言を受けて、一気にトルコリラ売りが加速。

 本日のドルトルコリラかかなり厳しい状況が続いています。

 19時現在では3.4320リラ付近にて推移中。

TRY/JPY

 ドルトルコリラにおいてリラが売られていたものの、ドル円の上昇により、東京時間のトルコリラ円は32円を挟んでの揉み合いとなりました。

 しかしエルドアン大統領の発言が伝わると、急落。

 一時は31.800円台まで下押しされました。

 その後もドル円が堅調に推移していることもあって、再び32円前後の水準まで戻していますが、ドルトルコリラの方ではリラ弱しのため、32円の再度突破はまた難しくなっています。

 ドルトルコリラでリラが買い戻されてくれればかなり値を戻せるのですが、本日は厳しいかもしれませんね。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX業者であるXM。

 トルコリラ円の扱いはありませんが、ドルトルコリラやユーロトルコリラなど国内のFX業者にはない通貨ペアも扱っています。

 それら以外にも55種類の通貨ペアとして、メジャークロスおよびエキゾチック通貨など豊富に取り揃え。

 海外FX業者ですが、世界23ヶ国に展開しており、日本語にも完全対応。英語が苦手な方でも問題ありません。

 トルコリラ円だけに満足できていない方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

デイリーレポートカテゴリの最新記事