トルコリラ円デイリーレポート ややリスク回避緩むか【2017年8月22日】

トルコリラ円デイリーレポート ややリスク回避緩むか【2017年8月22日】

■2017年8月22日のトルコリラ円動向■


《2017年8月22日 トルコリラ円チャート》

 リスク回避の要因となっている北朝鮮情勢に今のところ目立った変化が無いこともあって、ややリスク回避の流れが緩んでいる印象です。

 ドル円が少し回復した影響もあって、トルコリラ円もじわじわと上昇しています。

 ただ他のクロス円は下落気味のようで、19時現在、ユーロ円や豪ドル円、NZドル円や英ポンド円などは下落してしまっていますね。

 ということは、昨日に引き続き今日もトルコリラが頑張ってくれているからのようです。

ドル円動向

 先日のドル円は、米韓軍事演習が開始されたことを受け、地形学リスクから軟調推移に。

 さらにトランプ米大統領がアフガニスタン駐留米軍の増援派遣を承認し、そのことが報道されると108.60円台まで下落しました。

 ただ米株は堅調で、ドル円も買い戻されて、NY時間は109円にあと一歩で回復できるところまできて、クローズとなっています。

 本日に入ってからは、冒頭でも書いたように北朝鮮情勢に変化が無いこともあって、ドル円は買い戻される動きが継続。

 先週初めもそうだったように、ややリスク回避が緩んでいるようですね。

 ドル円は一時109.40円台まで上値を伸ばすものの、19時現在ではやや失速し、109.20円台での推移となっています。

 ただしリスク回避が忘れられたわけではなく、日経平均は下落し、ユーロ円や豪ドル円、英ポンド円では円買いのリスク回避の流れが継続しているようです。

トルコリラ動向

USD/TRY

 ドルトルコリラは、先日3.5リラを割り込む展開になり、その後マイナス圏にて推移を続けました。

 ドル円が軟調の中、ドルトルコリラでリラが頑張ってくれていることもあり、このリスク回避の流れの中でリラが光っていますね。

 本日も3.4970リラ付近での推移が続きましたが、欧州時間開始と共にややドル買いに触れ、再び3.5リラへと戻る場面もありましたが、19時現在では値を戻しており、3.5のラインを挟んでの攻防が続いています。

TRY/JPY

 トルコリラ円は早朝のアジア時間に上値を伸ばし、以後は31.20円付近での膠着状態となっています。

 リラが頑張っているので、この調子でドル円が回復してくれればさらに上値を伸ばす余地はありそうなのですが、他のクロス円はリスク回避の余波が及んでいる現状、あまり楽観視もできなさそうです。

 ともあれ、現状でトルコリラが頑張っているのは確かなので、この調子でいてもらいたいものです。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ


マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

デイリーレポートカテゴリの最新記事