トルコリラ円デイリーレポート 円高継続!【2017年8月10日】

トルコリラ円デイリーレポート 円高継続!【2017年8月10日】

■2017年8月10日のトルコリラ円動向■


《2017年8月10日 トルコリラ円チャート》

 本日も前日同様、ドル円に左右される為替相場になっているようです。

 先日、ドル円は109円半ばまで、トルコリラ円は31円割れとなりましたが、結果的にドル円は110円を、トルコリラ円は31円を回復することができていました。

 しかし結局ドル円では円買いが止まらずに109円台に逆戻りし、つられてトルコリラ円も30円台に引きずり込まれてしまっています。

 このように円買いが進行しているのは、言わずと知れた米朝関係の緊迫化による、リスク回避によるものです。

 今のところ、米朝間では言い争いに終始していますが、このままだとミサイルの撃ち合いになりかねない状態ですからね。
 北朝鮮など今回のことを口実に、実験を兼ねて日本をまたぐように発射するかもしれないわけで……。

 そんなことをされた日にはどうなることやら。

 FXもですが、それ以上に実生活の方においてこそ、備えが必要な状況になってきたようです。

ドル円動向

 先日のドル円は下落しました。

 東京時間は110円台でスタートしましたが、北朝鮮問題により110円割れに。

 その後、海外時間になっていくと、パリ郊外でフランス軍の一段に車が突っ込み、テロ事件への懸念からさらに円買いが進行。

 欧州株や米長期金利の低下から、ドル円は109.50円台まで下押しされました。

 もっともその後、米国務長官より「過去数日間の北朝鮮の発言を懸念すべきでない」といった発言が出たことにより、ややリスク回避が緩んで110円台を回復するに至り、NY時間はクローズとなりました。

 本日に入り、東京時間は110円近辺での推移が続きましたが、欧州時間以降、じりじりと値を下げ、NY時間になると一気に下落し、先日の安値を下抜けて109.30円台まで円買いが進みました。

 この調子ですと、109円割れも視野に入ってきてしまっている感じですね。

トルコリラ動向

USD/TRY

 リスク回避相場であることには違いないのですが、それでもトルコリラは比較的頑張っており、猛烈にリラが売り込まれている、という事態には至っていません。

 本日などはどちらかといえばドルの方がリラに対して売られており、トルコリラはわずかですが、値を上げている状況です。

TRY/JPY

 ドルトルコリラでは頑張ってくれているトルコリラですが、ドル円がどうにもならない状態のため、トルコリラ円は引きずられて下落する展開が続いています。

 どうにか粘っているといえば粘っているのでしょうが、31円台を明確に割り込みだすと、先行きが不安になってしまいますね。

 とにもかくにも、まずは北朝鮮問題が落ち着いて欲しいものです。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ


マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

デイリーレポートカテゴリの最新記事