トルコリラ円デイリーレポート 本日は揉み合い膠着状態!【2017年8月7日】

トルコリラ円デイリーレポート 本日は揉み合い膠着状態!【2017年8月7日】

■2017年8月7日のトルコリラ円動向■


《2017年8月7日 トルコリラ円チャート》

 8月第2週、始まりました。
 週明けということで、窓が少し開きましたが、すぐにも閉じてスタートとなりました。

 先週末は米雇用統計の結果を受けて、ドル円やトルコリラ円は上昇。

 今週もその流れを引き継いで欲しかったのですが、上がることもないが下がることもないといった、そんな一日となっています。

 ただ今日の外為どっとコムのスワップポイントは90円と、90円割れを予感させる嫌な値まで下がってきました。
 他の業者については調べていませんが、ここで90円割れなどされたら面白くないですね。
 何とか踏み止まって欲しいところですが。

ドル円動向

 本日はドル円も揉み合いで小動きとなっています。

 東京時間においては、朝方国内の需要筋によるドル買いが先行し、ドル円は一時110.80円台まで上昇するも、一巡するとドル売りに振れて、110.60円台まで下落。

 もっとも日経平均が堅調だったこともあってそれ以上売り込まれることもなく、結局110円後半での推移となりました。

 その後欧州時間からNY時間にかけてはじわじわとドル買いの流れとなりつつも、23時現在、111円を目前にしながら少し下落して110.70円台の推移で続いています。

 この後、ブラード米セントルイス連銀総裁の講演が予定されており、この人物はハト派ということもあって、ドル売りに繋がるような発言の可能性もあるため、やや警戒感が増しているようです。

 その結果次第では、これまで小動きだった流れに変化が起きるかもしれません。

トルコリラ動向

USD/TRY

 ドルトルコリラは、ドル円などに比べると比較的大きな振れ幅で推移しましたが、行って来いの形になっているため、オープン時からみると、そこまで大きく動いてはいない状況です。

 ただ23時現在、いったんドルが売り込まれたものの、すぐに買い戻されて、ややドル高に振れている状況です。

TRY/JPY

 トルコリラ円は、ほぼ膠着状態となっています。

 一日のチャートを見ても、普段は比較的動く欧州時間以降も、ほとんど動かず小動きとなっています。
 完全に膠着していますね。

 ただ日付変更を目の前にして、やや円高リラ安に振れてきており、いくつかのクロス円も下落し始めているので、少し良くない流れになっているようです。

 もともと今日の値動きが少ないので、これ以上下落するとマイナス圏に落ちてしまいそうですね。

 何とか粘って欲しいものです。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ


マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

デイリーレポートカテゴリの最新記事