トルコリラ円デイリーレポート トルコ7月経済信頼感結果103.4【2017年7月28日】

トルコリラ円デイリーレポート トルコ7月経済信頼感結果103.4【2017年7月28日】

■2017年7月28日のトルコリラ円動向■


《2017年7月28日 トルコリラ円チャート》

 本日もトルコの経済指標がありました。
 トルコ7月経済信頼感、です。

 結果は103.4
 前回は98.9

 というわけで、非常に良い結果となっています。

 これはトルコ経済に先行きに対し、100を基準としてそれ以上ならば先行きは明るい、以下ならば暗い、という判断基準になります。

 とりあえず100を超えていれば、良い見通しであるといって問題ないでしょう。

 トルコ経済が良くなっているという判断であるのならば、トルコリラを保有する我々にとってはありがたい先行きですね。

 チャートの方は、まあ多少反応したともいえなくもないですが、すぐに反転してしまっているので、あまり影響はなかったようです。

ドル円動向

 先日のドル円は行ったり来たりで、オープン時とクローズ時はさほど差もなく、方向感の無い推移でした。

 海外時間に米6月耐久財受注が良好な結果であったことを受けて、一時111.70円台まで上昇するも、米財務長官が他国通貨安を牽制するような発言をしたことを受けて、ドルは急落。
 111円台を割り込む展開となりましたが、どうにか111円台は回復させて、NY時間はクローズとなりました。

 本日に入ってのドル円も方向感無く推移し、111円前半での推移が続いています。
 何度か111円割れを起こしているのですが、110円台では押し目買いの意欲が強いようで、すぐに111円台に戻る、という流れになっているようです。

 またどうやら本日発表される予定の米4-6月期GDPの速報値を前にして、動意は限定的となっているようです。

トルコリラ動向

USD/TRY

 ドルトルコリラも先日から停滞気味の流れになっています。

 先日前半はドル売りにて推移していたのですが、NY時間クローズにかけてドルは買い戻されて、結局オープン時とほぼ同じ値でクローズ。

 本日もじわじわとドル売りが進んでいたのですが、20時現在、ドルは買い戻されて、ややドル高、という状態になっています。

TRY/JPY

 トルコリラ円にいたっては、ほとんど動意の無い状態となっています。

 31.40円前後での推移が長々と続き、欧州時間にはいって31.482円まで上値を伸ばすも、すぐに元通りと、再び31.40円台で20時現在は推移しています。

 本日は週末ですので、できれば今週のオープン時よりも少しでも値を上げて終わって欲しいところです。

 ただ日本の政局もどたばたしていますし、米国の方でも相変わらずトランプ政権はいまひとつのようで、不安要素だらけですね。

 せめてトルコくらいは元気でいて欲しいものです。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ


マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

デイリーレポートカテゴリの最新記事