トルコリラ円デイリーレポート トルコ中銀政策金利8.00%に据え置き【2017年7月27日】

トルコリラ円デイリーレポート トルコ中銀政策金利8.00%に据え置き【2017年7月27日】

■2017年7月27日のトルコリラ円動向■


《2017年7月27日 トルコリラ円チャート》

 本日はトルコ中銀による政策金利の発表がありました。

   トルコ中銀政策金利
   前回8.00%  予想8.00%  結果8.00%
   
   トルコ中銀翌日物貸出金利
   前回9.25%  予想9.25%  結果9.25%
   
   トルコ中銀翌日物借入金利
   前回7.25%  予想7.25%  結果7.25%
   
   トルコ中銀後期流動性貸出金利
   前回12.25%  予想12.25%  結果12.25%

 ということで、予想通り、据え置きという結果になりました。

 少し前に南アフリカでの政策金利が利下げ、という結果もあっただけに、トルコの方では据え置きでまだ良かったかな、と。

 ただトルコ中銀に対し、エルドアン大統領らは利下げ要求しているのは今に始まったことではなく、そういった圧力に負けずに頑張って欲しいものです。

 何といっても、我らがスワップポイントに関わってきますからね。

ドル円動向

 先日のドル円は下落しました。

 序盤は上昇の勢いがあり、112円を回復する場面もあったのですが、FOMCを控えて徐々に様子見ムードに。

 そしてFOMCの声明が公表されると、足許のインフレ指標に対してハト派な表現が強まったことを受けて、米金利が低下。
 これによりドル円も急落。

 どうにか111円台ギリギリで踏み止まり、NY時間はクローズとなりました。

 そして本日に入り、東京時間午前には111円割れとなるも、111.70円台で何とか踏み止まり、その後は徐々にドルが買い戻されていく流れとなっています。

 22時現在では、111.30円台付近で推移中。

トルコリラ動向

USD/TRY

 先日のFOMC声明を受け、ドルは全面安となりました。

 ドルトルコリラにおいても同様で、ドル売りに。
 
 その後もドルは買い戻されることなく、本日に入ってもじわじわと売られ続けています。

 20時にはトルコ中銀の政策金利が発表され、予想通り据え置きという結果となり、一時リラが買われた場面もありましたが、結局元の流れに戻り、22時現在では3.5300リラ付近を推移している状況です。

TRY/JPY

 ドル全面安の影響を受けて、ドルトルコリラ、ドル円ともに下落。

 ドル円下落の影響の方が強く、トルコリラ円はFOMC声明公表前には31円半ばまで値を上げていたのですが、結局下落し、31.40円台まで値を落とすことに。

 本日も東京時間はその水準にて推移していましたが、ドル円が徐々に買い戻されてきたこともあって、トルコリラ円も値を戻す展開になりました。

 政策金利の発表の際には一時、31.580円付近まで上昇したのですが、まさに一瞬でしたね。

 その後はドルトルコリラでドルが買い戻される流れとなったため、31.50円付近での推移が続いている状況です。

 何だかんだいって、31円半ばまで回復してくれたのはありがたいですね。

 しかしやはり安心を得るには31円後半まで戻ってくれないと、一息つけることができないので、是非ともこの流れのまま頑張って欲しいところです。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ


マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

デイリーレポートカテゴリの最新記事