トルコリラ円デイリーレポート トルコリラ円、一時31円割れ【2017年7月24日】

トルコリラ円デイリーレポート トルコリラ円、一時31円割れ【2017年7月24日】

■2017年7月24日のトルコリラ円動向■


《2017年7月24日 トルコリラ円チャート》

 本日はリスク回避の動きが進み、トルコリラ円も一時31円割れと、本日の高値から50銭も下落する羽目になりました。

 ドル円では円買い、ドルトルコリラではドル買いと、最悪の流れになったのが原因ですね。

 ドル円の軟調は先週から再燃しているロシアゲート疑惑のせいであり、また本日新たな火種となったのが、加計学園問題やPKO日報問題などによって安倍内閣が揺れており、日米共に政局が不安定になっていることが、リスク回避的な円買いを誘ったとみられています。

 そしてトルコリラですが、本日発表された経済指標であるトルコ6月住宅販売の結果が、かなり悪い結果となったことにより、トルコリラ売りを誘ったようです。

 もっともいつもあまり動かないトルコの経済指標が今日に限って大きく動く要因になった、というよりは、他の要因も絡めてのトルコリラ売りになったようです。

 たとえばロイターのニュース記事によると、ドイツのショブレ財務相は24日付ビルド紙掲載のインタビュー記事の中において、トルコのエルドアン大統領はドイツとの数世紀に及ぶ関係を危険にさらしている、と述べたとか。

 こういった報道も嫌気されて、トルコリラ売りに繋がったのかもしれませんね。

ドル円動向

 ドル円は、おもに米政権懸念によりドル売りの流れとなりました。

 これにより一時110.60円台まで下落しています。

 21時現在ではやや持ち直しているものの、111円台の回復には至っていません。

トルコリラ動向

USD/TRY

 本日の東京時間は、ドルトルコリラはドル売りによりじわじわとトルコリラが上昇していたのですが、欧州時間以降一点し、急激にドル買いが進行。
 一時3.5700リラ付近まで急伸しました。

 21時現在は少しずつ値を戻しているものの、高値である3.5500リラ付近を推移している状況です。 

TRY/JPY

 ドル円において円買いが進行する中でトルコリラ売りが重なったため、トルコリラ円は急落。

 一時31.490円前後まで上値を伸ばしたにも関わらず、4時間後には50銭下落して30.90円台にまで落ち込みました。

 その後、反動のためか多少は回復してきているものの、21時現在で31.10円台と、厳しい水準での推移を続けています。

 今週もスタートがこれですと、幸先が悪い感じですね。
 何とか盛り返して欲しいところですが、米国でも日本でもトルコでも、政局の不安定さが仇となっているようで、やはり僧簡単には盛り返してはくれなさそうです。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ


マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

デイリーレポートカテゴリの最新記事