トルコリラ円デイリーレポート トルコ四半期失業率など【2017年7月17日】

トルコリラ円デイリーレポート トルコ四半期失業率など【2017年7月17日】

■2017年7月17日のトルコリラ円動向■


《2017年7月17日 トルコリラ円チャート》

 週明けのトルコリラ円は、今のところ大きな動きもないようです。

 やや軟調ではありますが、ドル円がいまひとつなのが影響しているようです。

 ちなみに本日はトルコの経済指標が発表されています。

 トルコ四半期失業率
 前回11.7%  予想11.0%  結果10.5%

 結果は予想よりいいですね。
 もっとも為替市場には影響はなかったようです。残念!

ドル円動向

 本日は祝日ということもあって、東京市場は休場。

 東京市場抜きでのアジア外為市場では、中国の4-6月期GDPや6月小売売上高、6月鉱興行生産などの結果が予想を上回り、リスクオン的な円売りとなった模様です。

 それにより、一時112.70円台まで上昇。

 しかし利益確定売りと思しきユーロドルによってユーロ円も下落し、つられてドル円も伸び悩む結果となりました。

 その後、欧州時間へと移行すると、米長期金利の低下などを受けて、ドル売り円買いとなって、20時現在では112.30円台までじり下げ中です。

トルコリラ動向

USD/TRY

 ドルトルコリラは下窓スタートでしたが、アジア時間の間にじり上げして窓を埋め、そのまま徐々に上昇。
 欧州時間にはドル買いリラ売りとなって、一時3.5500リラまで上値を伸ばしました。

 もっとも一巡すると、一転反落に転じ、ドル円のじり下げに呼応するかのように、20時現在では3.53リラ台までリラが買い戻されている状況です。

TRY/JPY

 今日はドル円のそこまでの値動きが無かったこともあって、もっぱらドルトルコリラの動きに左右される形となりましたが、それでも大きく動くこともなく、31円台後半にて推移している状況です。

 ただ20時現在、ドル円の下落にややおされ気味、といったところでしょうか。
 もっともドルトルコリラでもドル売りとなっているため、拮抗しているともいえそうです。

 この先のNY時間次第ということになりそうですが、週明けということもあり、良いスタートとなって欲しいものですね。

にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ


マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

デイリーレポートカテゴリの最新記事