トルコリラ円デイリーレポート トルコリラ売りは宿命か【2017年7月6日】

トルコリラ円デイリーレポート トルコリラ売りは宿命か【2017年7月6日】

■2017年7月6日のトルコリラ円動向■


《2017年7月6日 トルコリラ円チャート》

 今週はひどい一週間になりそうです。

 おもにドルトルコリラにおいて、毎日のようにトルコリラが売られています。それはもう盛大に。

 昨日はもちろん、本日もそれなりに売り込まれており、反転の兆しは少しも見えませんね……。

 ドル円が停滞気味になっていることもあって、トルコリラ円は下落の一途。
 このままでは31円割れも近々といった感じになってきました。

 他ののクロス円では、下げているものもあれば上がっているものもあったりとまちまちで、必ずしもドル高一辺倒というわけではないのですが、基本的に弱いとされている通貨は売り込まれているようです。

 先日も書きましたが、南アフリカランドなども、下落していますね。

 トルコ自体に、トルコリラが売り込まれるような要素はあまり無いような気もするのですが、やはりわけも無く売られるのがトルコリラの宿命らしく、そう簡単にトレンド転換などしてくれないそうです。

 万が一、この状態から反転してくれれば、トレンド転換もにわかに現実味を帯びてくるのですが、それには運命を改変するくらいの力が必要なのかもしれません。
 

ドル円動向

 先日のNY時間にはFOMCの議事要旨が公表され、一瞬、113円を割り込む場面もみられました。

 これは「バランスシート縮小の開始時期について意見が分かれる」という内容を受けてのことだったようですが、全体的にはタカ派と受け止められたようで、ドル円は結果的に上昇したようです。

 本日のドル円は、再び113円を割り込む場面もありましたが、21時現在では113円前半にて推移しており、どちらかというと膠着状態、といった模様ですね。

トルコリラ動向

USD/TRY

 ドルトルコは完全によろしくない水準に到達してしまいました。

 すなわち、前回トルコリラが暴落したロシアゲート時の水準である3.6400リラ。

 ここまでリラが下落してしまっています。

 この付近の水準は、これまで何度かリラが売り込まれた際に、跳ね返してきたレベルなのですが、ここを明確に突破してしまうと、しばらくドルの勢いは止まらないかもしれません。

TRY/JPY

 ドルトルコリラが駄目駄目な状況のため、トルコリラ円も当然のように下落しています。

 再び30円台が迫ってきてしまいましたね。

 ドルトルコリラが、現在何をやってもドル高一辺倒のため、ドル円に変事が起きれば一発でトルコリラ円は大幅下落となりそうです。

 これ以上、由々しきことは起きて欲しくないなのですが……と、これを書いていたら、ちょうど米6月ADP雇用統計が発表されましたね。

 結果は+15.8万人で予想の+18.5万人より悪い結果になっています。

 これを受けて、ドル円はやや下落。
 ドルトルコリラはほぼ動き無しで、結果的にトルコリラ円のみが下落しました。

 この調子だと、今晩中に31円台ともおさらばかもしれません……。

 やれやれ、ですねえ……。 

トルコリラ円おすすめFX会社

 トルコリラを扱っている、お奨めのFX会社であるマネーパートナーズ


マネーパートナーズ

 業界最高水準のスワップポイントと、スプレッドの狭さが魅力です。

 もしトルコリラ円での運用を検討されている方は、是非お試しされてはいかがでしょうか。

デイリーレポートカテゴリの最新記事