トルコリラ円デイリーレポート 米政権懸念によるリスクオフ【2017年5月17日】

トルコリラ円デイリーレポート 米政権懸念によるリスクオフ【2017年5月17日】

■2017年5月17日のトルコリラ円動向■


《2017年5月17日 トルコリラ円チャート》

 本日はトランプ大統領を巡るトランプ政権への警戒感から、全般的にリスク回避の流れが強まっています。

 ドル円では円買いが進行。
 ドルトルコリラではドル買いと、トルコリラにとっては嫌な流れで推移しました。

 クロス円全般も似たような状況になっていますが、今までの良い流れからここにきて一気に警戒すべき状態になってきたようです。

ドル円動向

 先日はユーロが強くドル売りの流れとなって東京時間の終盤には113円前半まで下落。
 その後、欧州時間からNY時間へと入ると、ロシアへの情報漏洩疑惑により米政権へと不安が高まったこともあって、112円後半まで値を落としました。

 NY時間はいったん、113.15円まで値を戻してクローズ。

 東京時間に入ると、トランプ大統領がFBI長官(当時)に対しで自身の側近への捜査の中止要請を行った、とする報道がなされ、ドル円は112円前半まで下落。

 その後は上値は重く、東京時間から欧州時間にかけては112.20円台から112.50円台の間で推移する展開となっており、先日の漏洩疑惑に加え、トランプ政権の不安が強まったことで、リスク回避の流れが強まっているようです。

トルコリラ動向

USD/TRY

 先日のNY時間において、ドルトルコリラは下落。
 米政権への懸念などもあってドルは売られ、一時3.5400トルコリラを割り込みました。

 ここまでは良かったのですが、東京時間以降、徐々にドル買いに。
 トランプ大統領の捜査中止要請に関する報道に対して当初、そこまで大きく反応していなかったのですが、ジリ上げしていくことになります。

 大きな変化があったのは欧州時間に入ってからの15:30~16:00にかけての時間帯で、一気にドル買いが加速。
 これは南アフリカランドなどでも似たような動きになっており、新興国通貨に共通して見られた動きでした。

 ちなみにこの時のドル円は円買いが強まっており、ドル買いの流れにはなっていません。

 この新興国通貨に対するドル買いのおかげでドルトルコリラは一気に3.5680トルコリラまで上昇。
 あわや3.5700を突破するかに見えましたが、その後反転下落に転じており、20時現在では3.5500付近まで値を戻している展開です。

TRY/JPY

 本日は円買いにドル買いという流れのため、トルコリラ円は大幅に下落しました。

 欧州時間には31.400円台にまで値を下げ、本日のオープンから実に40銭も落とす羽目になっています。

 20時現在ではいまひとつなドル円に対し、ドルトルコリラが落ち着いてきていることもあって、トルコリラ円は31.60円台まで回復しています。

 この先NY時間に入っていくことになりますが、今朝方の報道を受けてどう反応するのか、どう影響するのか。

 やはり為替というものは、ままならないもののようです。

デイリーレポートカテゴリの最新記事