トルコリラ円デイリーレポート トルコ小売販売など【2017年5月9日】

トルコリラ円デイリーレポート トルコ小売販売など【2017年5月9日】

■2017年5月9日のトルコリラ円動向■


《2017年5月9日 トルコリラ円チャート》

 本日は16:00にトルコの経済指標が発表されました。

 トルコ小売販売3月
 前回-4.4% 予想-3.6% 結果-0.4%

 悪くない、むしろ良い結果なのですが、残念なことに本日は米ドル買いが進んでおり、トルコリラは売られている状況です。

ドル円動向

 前日から本日にかけてのドル円の動きですが、フランス大統領選の結果を受け、朝一で113円台へと乗せるも、その後は下落。
 112円台で推移していました。

 流れが変わったのは、クリーブランド連銀総裁の発言です。
 
「FOMCは(利上げに関して)出遅れないように警戒が必要」

 などと、タカ派の発言を受けたのをきっかけにして、112円後半へと回復し、NYダウもプラス圏に回復したことで、ドル円は堅調に推移。113円へと乗せ、NY時間の終盤にはどうやらストップを巻き込んだようで、113.20円台まで値を伸ばして東京時間へと移行しました。

 東京時間においても下落することなく上昇し、再びNY時間に入ると114円を突破するところまで上値を伸ばしている状況です。

トルコリラ円動向

 さて肝心のトルコリラですが、全般的にドル買いの影響を受けてドルトルコリラが堅調に推移しており、一時は3.6100トルコリラまで上昇し、現在NYタイムが始まった頃には3.6付近で推移しています。

 先にも触れたトルコの経済指標も、残念ながらドル買いの流れを止めることはできませんでした。

 これらを受けて、トルコリラ円は31円の半ば辺りで揉み合っており、大きな動きは無い状況です。
 NYタイムにおいては、ドル円の上昇を受けて、ややトルコリラ高円安か、といったところですね。

 円安はありがたいのですが、ドル高は困るわけで、ここら辺が難しいですよね……クロス円は。

デイリーレポートカテゴリの最新記事