メキシコペソ円資産運用実績 2018年2月第3週

メキシコペソ円資産運用実績 2018年2月第3週

2018年2月第3週 メキシコペソ円資産運用実績

 2018年2月第3週のメキシコペソ円動向と、累計の運用実績についての報告です。

メキシコ動向

 懸案のNAFTAについては、メキシコ政府が定期的な見直しに前向きであることを、グアハルド経済相が発言しており、一時的ではあるものの、ペソ買いの材料になったようです。

 また今年7月に予定されている大統領選については、急進左派アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール氏が支持を伸ばしている模様です。
 対して与党の候補者の支持率は下がっているようで、政権交代の可能性が高まってきました。

 このロペス・オブラドール氏は元メキシコ市長であり、石油市場解放の中止や年金倍増などといった政策を打ち出しており、政権交代が現実のものとなった場合、メキシコペソにどのような影響をもたらすのか、注視が必要ですね。

スワップ履歴

 私が使用させていただいている外為どっとコムにおける、今週の一万通貨当たりのスワップポイントの推移について。

 2/12(月)11円
 2/13(火)11円
 2/14(水)11円
 2/15(木)11円
 2/16(金)33円
 2/17(土)0円
 2/18(日)0円
 —————————–
 合計   77円
 一日平均  11円

 オール11円は今週も変わらず、ですね。

メキシコペソ円2018年2月第3週運用結果

口座状況

 通貨ペア:MXN/JPY
 買いポジション:40万通貨
 平均約定価格:5.875円
 評価レート:5.732円
 投資資金(元本):1,000,000円
 スポット評価:▲57,200円
 スワップ評価:9,740円
 有効評価額:952,540円
 スワップポイント振替額:0円 
 出金額:0円
 実効レバレッジ:2.40
 ———————————–
 確定損益計:10,440円 
 資金回収率:1.04%

 ドル円での円高もたたって、なかなか浮上してくれないメキシコペソ円ですが、含み損もじんわりと増えています。

 先週の時点で10万通貨買い増していたので、レバレッジも少し上昇。
 ここらで反転してくれると、スワップポイントだけでなく為替差益も狙えるのですが、なかなか上昇に転じてくれない現状、とりあえずは様子見な感じです。

 ■参考
 メキシコペソ円の見通しと資産運用

スポンサードリンク

メキシコペソ円資産運用カテゴリの最新記事