はじめに ~トルコリラ円運用にあたって


 巷でよく耳にするようになってから久しいFXですが、正式には「外国為替証拠金取引」といい、FXとは「Foreign Exchange」の略です。

 FXには「キャピタルゲイン」という利益が発生する仕組みの他に、「スワップポイント」という収入源があります。

 この「スワップポイント」とは「二種類の通貨を交換したときに生じる金利差」のことであり、その金利差がプラスであるのならば、保有した日数分だけスワップポイントとして利益が発生するわけですね。

 円を銀行に預けて得られる金利のようなものですが、FXではその通貨の組み合わせ次第では、日本の金利の比ではありません。

 そこで注目されているのは「トルコリラ円」なのです。

トルコリラ円とは

 トルコリラ円とは、トルコの通貨である「トルコリラ」と、日本の通貨である「円」の組み合わせです。
 現在、トルコリラの金利は非常に高く、一方で円の金利は非常に低いため、この組み合わせでの取引の場合、高いスワップポイントが見込めます。

 政策金利の高い通貨は他にもあるのですが、トルコリラ円のスワップポイントはその中でも高めとなっています。

FXは儲かるのか

 ならばこのトルコリラ円は儲かるのかといえば、答えはイエスでもありノーでもあります。

 スワップポイントの場合、保有しているだけで利益が発生するのは確かですが、常に為替は変動しており、為替レートが下落すれば、スワップポイント以上に損が発生してしまうからです。

 そしてこのトルコリラ円はこの数年、絶賛下落中。
 今が底値だ! とか言われ続けてはや何年、といった体たらくのリスクの高い通貨でもあります。
 
 それでなくともFXはハイリスク・ハイリターンのものなので、手軽にお奨めできるようなものではありません。
 私も最初、「ドル円」での取引をして、授業料にしては高すぎる損失を被りました。

 ただ自分のお金を自分自身で運用していることもあり、これまで全く興味の無かった経済についての勉強もするようになり、これはこれで良くも悪くも経験になったといえます。

 色々あってしばらくFXは休止していましたが、久しぶりに再開し、ついでに記録もつけていこう、ということでこのブログを開設しました。
 せっかく調べたり勉強したりするのならば、何かに書き留めた方が効果があるのではないかと思ったからです。

資産運用にあたって

 資産運用と銘打っていますが、勉強代とも割り切って(もちろん儲かって欲しいですが)行います。
 運用資金は65万円。

 基本的な方針として、

 1.スワップポイントで利益確保。
 2.スワップポイントは毎月25日前後に振り替えして、出金。
 3.強制ロスカットまで自身で損切りしない。

 という風にしていくつもりです。

 つまり出金した分は利益として残るので、その額が運用資金が尽きる(強制ロスカットされる)前に上回ることができるかどうかが、儲けを出すことができたかどうかの判断になるというわけです。

 保有する通貨量は状況に応じて増減可としますが、方針にあるように損切りはしないので、為替差益が出ている場合のみ決済をする、ということになります。

 うまくいっても年単位の勝負となりますが、自身の勉強も兼ねて少しでも長く続けられたらいいな、と。