オーストラリアドル(豪ドル・AUD)とFX

オーストラリアドル(豪ドル・AUD)とFX

 オーストラリアドルとは、オーストラリア連邦で使用されている通貨です。
 一般的に豪ドルとも呼ばれ、ISO 4217による通貨コードはAUD。
 オーストラリアやその領土、またポリネシアにあるナウルやツバル、キリバスでも使用されています。

オーストラリアドル
英名:Australian Dollar
別名:豪ドル
ISO 4217:AUD
中央銀行:オーストラリア準備銀行(RBA)
使用国:オーストラリア
    アシュモア・カルティエ諸島
    オーストラリア南極領土
    クリスマス島 ココス諸島
    コーラル・シー諸島
    ハード島とマクドナルド諸島
    ノーフォーク島 キリバス ナウル
    ツバル ジンバブエ
補助単位:1/100 セント
通貨記号:A$
紙幣:$5、$10、$20、$50、$100
製造:オーストラリア紙幣印刷社

歴史

 オーストラリアでは1910年から1966年までオーストラリアポンド(豪ポンド)という名称の通貨が使用されていました。
 名前から分かるようにこの通貨は英国通貨圏に属し、そのレートも英国に連動していました。

 1966年、このオーストラリアポンドは、オーストラリアドルに置き換えられることになります。

 通貨の変更にあたり、時の首相であったロバート・メンジーズは通貨単位であるその名称を「ロイヤル」にしたいとしていましたが、結局この案は受け入れられず、「ドル」の名称が使われることとなりました。

 1966年2月14日、1ポンド2ドルというレートで公開されることになります。

 ただしこの頃はまだ英国の通貨に連動しており、8シリングが1ドルという固定レートになっていました。

 しかし1967年、英国は米ドルに対して通貨の切り下げを実行。
 この時、オーストラリアは自国通貨をポンドに連動させず、これをもって英国通貨圏から離脱することになりました。

豪ドルとFX

 オーストラリアは農産物や資源を輸出する、資源国です。

 これらの輸出先は中国や日本といったアジア諸国であり、特に中国経済との繋がりが深く、その経済の影響を通貨も受けることになります。
 そのため、中国の経済指標は要注意です。

 豪ドルは金利が高く(最近はだいぶ引き下げられていますが)、FX取引においてはスワップポイントの高さが魅力です。

 一方で値動きも大きく、スワップ狙いだけではなく、デイトレーダーにも人気があります。

 ただし通貨の流通量は決して多くないため、ヘッジファンドなどの動向が影響し、予想外に大きく値動きをすることもあるので、注意が必要です。

通貨解説カテゴリの最新記事